ネットオークションをするなら自動落札ツールを使わなきゃ損!

WS000002
便利な時代になったもので、
いまやネットで欲しいものなら何でも手に入れられる時代になりました。

私もしょっちゅうAmazonを使って、買い物をしています。

Amazonや楽天などのサイトを利用するのもいいんですが、
欲しい商品を手に入れたいならネットオークションがオススメです。

ネットオークションを利用すれば、欲しい商品が安値で手に入れられる可能性があります。

ただ、自分が欲しい商品が必ず安値で手に入れられるわけではありません。

そういう「掘り出しもの」の商品は、必ずといっていいほどライバルがいます。

そのため、如何に安くかつ、ライバルに勝つかが鍵となってきます。

では、そのためにどうすればいいのでしょう?

それは、「自動落札ツールを使う」に限ります!

自動落札ツールを使わないで、入札する方法は
各オークションサイトによって若干異なりますが、概ね自分の予算額を入力するだけ。

落札できるか否かは、神のみぞ知るってところです。

まぁ運頼みでやるのもいいんですが、
やっぱり欲しいものが他の人に落札されるのって悔しいじゃないですか。

自動落札ツールを使って、
より安くより確実に欲しいものをゲットするのが一番の得策だと思います。

そこで当ブログでは、著名な自動落札ツールの使い心地なんかを
随時レポートしていきたいと思います。

自動落札ツールを使って、快適なオークションライフを送りましょう!

>>>自動落札ツールを使って目当ての商品をゲットしよう!

611ca69b63c183d2b6ba237c4cf2d6931

落札までの流れ


人気のオークションサイト「Yahoo!オークション」を知っていますか。
日本での数多くの方がご利用していて、通称は「ヤフオク」と呼ばれています。
日本向けYahoo!オークションは、1999年9月28日にサービスを開始しました。
ヤフオクでは、Yahoo Japan IDがあれば、有料登録なしで誰もが、4999円までの入札ができ、5000円以上の入札でも、ソフトバンクの携帯の方、プロバイダがYahoo BBの方、iPhone版またはAndroid版ヤフオクアプリからの入札の方ならば、入札し、落札することができます。
実際に取引きしてみれば直ぐにオークションの流れが掴めます。
ヤフオクでは評価数を見れば、先方も初心者と分かってくれますし、熟練者も初めはみんな初心者なので緊張する必要はありません。
落札でも出品でもそうですが、落札後は「取引ナビ」という当事者同士だけが閲覧、投稿できる掲示板を使い、連絡を取り合うことになり、基本的にはオークション終了後に出品者から先に連絡を入れます。
次に落札の流れについて簡単にご説明します。
興味のある方は「ヤフオク」を試してみては如何でしょうか。

1.目的の商品を探します。
2.商品、写真、評価、支払う方法、発送方法をチェックします。
3.入札を行います。
4.落札します。
5.出品者と取引ナビで連絡を行います。
6.代金の支払いを行います。
7.商品の到着を待ちます。
8.出品者に評価をつけます。

はじめてみよう


インターネットオークションがメジャーになる前、オークションといえば絵画など美術品や宝石、歴史物などの高級品が木槌の音と共に競い落とされていく非現実的な光景しか想像できませんでしたが、インターネットが普及し、Yahooが誰もが簡単に参加できるヤフーオークションのシステムを確立してくれたおかげで身近なものになり、生活に密着するようになりました。
そのヤフーオークションは1999年から始まりましたが、現在では出品点数約2700万点を超える日もあり、もう何でもヤフオクで揃ってしまうと言っても過言ではなくなっています。
人によっては、何か欲しい物があれば必ずヤフオクを覗いて購入の選択肢の1つにしています。
ヤフオクは安く購入できる機会も多いので、ヤフオクが生活の一部になっている人も多いのです。

ヤフオクを始めるには、「Yahoo Japan ID」があれば、18歳以上の人ならどなたでも4999円までの入札ができますが、さらに「ソフトバンクのモバイル」を使用している人、プロバイダが「Yahoo BB」の人、iPhone版またはAndroid版のヤフオクアプリ」から入札する人であれば、5000円以上の商品も入札、落札することができます。
しかし、上記に該当しない方の入札/落札または出品するためには、Yahoo!プレミアムへの登録が必要になります。
Yahoo!プレミアムは、月額399円(税込)の有料会員になり、会員登録することでヤフオクの入札制限がなくなり、出品もできるようになります。

ヤフオクの始まり


日本向けYahoo!オークションは、1999年9月28日にサービスを開始しました。
日本向けでは楽天市場が先行してインターネットオークションサービスを行っていたが、Yahoo!オークションは無料で利用できるという点で、また、最大手のeBayが日本語・日本向けローカライズ参入していなかったこともあって、利用者数を増やしシェアを急速に広げ、ほぼ独占状態となりました。
この当時のシステムは、ユーザ登録の際に本人確認を行っていなかったため、出品者によるオークション詐欺といった犯罪行為や不正行為が容易であるという欠点がありました。
2000年になると早くも犯罪や不正が懸念されたことから、2000年9月に専門会社と提携することによるエスクローサービスを開始しました。
2001年の最盛期には5社から選択できるようになっていたが、手続きが煩雑だったことなどから敬遠されて、その後撤退したサービスも相次ぎました。
2001年5月28日には、犯罪防止のための本人確認の意味合いを兼ねて、サービスが有料化され、出品・入札・落札にかかわらずサービス利用のための本人確認費用(オークション参加料)が毎月課金されることとなりました。
この有料化には多くの利用者が批判的であり、出品数や入札数が一時的に激減したが、その後、大幅に増加しました。
あなたの欲しい商品が見つかるかもしれないので、興味のある方は「ヤフオク」を試してみては如何でしょうか。

2007年のヤフオクとは

ヤフオクは2007年の5月9日には、個人情報の保護と取引の安全性向上の理由により、電子メールを用いることなく出品者と落札者間の連絡を行う「取引ナビ」機能を追加しました。
その後、しばらくは取引ナビと従来のメールアドレス表示が共存する状態となったが、メールアドレスの表示は同年7月4日に終了し、以降は取引ナビに一本化されました。
従来は、オークション終了後の取引の連絡を電子メールで行うシステムであったため、見ず知らずの相手にメールアドレスを公開することが強制されていたが、取引ナビへの移行はこの問題を解決するものでした。
しかし、取引ナビは投稿回数の制限(各人15回ずつ)があり、一定期間後は見ることが出来なくなる、添付ファイルが添付できないといった電子メールでの取引に比較し、制限が多くなりました。

ヤフオクは、10周年記念企画の無料キャンペーン終了後(2007年8月7日16時)、Yahoo! JAPANはオークション利用条件を変更しました。
無料キャンペーン時の条件をほぼ踏襲しているものの、プレミアム会員登録をしていないユーザーについては、入札の上限額が一律5,000円未満までという新しい条件が付け加えられました。
5000円以上の入札については、プレミアム会員登録をしているユーザー、Yahoo! BBユーザー、Ezwebのモバイルオークション会員に限り認められる特権となりました。
興味のある方は「ヤフオク」を試してみては如何でしょうか。








音声録音
画像アップロード

オークション落札自動ツールおススメ

ヤフオクやebayのヘビーユーザーにとって、自動入札機能はかかせないものです。
しかしオークションサイトの機能の一部としての自動入札機能は、「落札するタイミングが遅い」、「ブラウザに依存するのでエラーがある」などの問題も抱えており、多数の入札者が参加する人気商品で競争しても負けてしまうことも少なくありません。

また中小・海外のオークションを見て比較・検討する場合、手動では限界がありますし、
時間のコストもかかりすぎます。そこで落札自動ツールの出番です。
多数の利用者がいるオークションには、有償・無償に限らず多数の落札自動ツールが存在します。
無償・有償の落札自動ツールのうち今現在最も高性能で人気の高いソフトを紹介します。

まずフリーのオークション落札自動ツールでお勧めなのが、しみず工房 の「AuctionLimitBidder」です。

このソフトの特徴は、
・自動入札
・ウォッチリストからのデータの一括読み込み
・複数の商品の入札予約を「グループ」として設定し、その中の一つだけを落札できる

など従来のフリーの自動入札ソフトとは一線を画す高度な設定が盛り込まれています。
ウィンドウズを表示して簡単な設定をするだけ、でほとんどの機能が理解できますので、
初心者の方でももっと早く利用すればよかったと思うこと間違いありません。

ヤフオク・モバオクなど国内のオークションにとどまらず、海外のオークションも利用したいという方にはシェアウェアの「パワーセラー」が一押しです。国内・海外だけにとどまらず手動入札では落札することがほぼ不可能なヤフーバーゲンセールやAMAZONのプレミア商品にも対応しています。

また自動入札をはじめとする入札から出品、落札までオークションで必要な機能はほぼ完備していますので、これ一つでオークションビジネスをはじめることも可能なほど高性能なソフトです。

オークション落札自動ツールのコツ

yahooオークションやebayを使い慣れて、購入する品物が多くなってきた場合、いつまでも手動入札のままでは手間もコストもかかります。そこで自動入札を設定する人も多いでしょうが、サイトの自動入札機能は使い勝手はイマイチで、ツールを使った方が効率的で間違いのない取引ができます。オークションの落札自動ツールは、あらかじめ自分で落札ルールを設定し、指定した金額、商品、キーワードで自動で入札を行うことができます。これを使えば仕事や用事中に終了してしまうオークションでも、終了間際に自分の決めた金額で入札することもできますし、時間を気にせずに他の用事を入れることも可能です。


オークションの落札自動ツールを使った自動入札のコツは「予算を超えたらあきらめる」です。手動入札の場合、落札終了間際に他の入札者と競ってしまい諦めきれず、どうしても想定の値段より高くしてしまいがちですが、オークションの落札自動ツールを使っ自動入札の場合あらかじめ値段を設定しているので、簡単にあきらめることができます。


しかし気をつけなければいけないことは、オークションの落札自動ツールを起動している間しか入札ができないので、もしなんらかの原因で急にPCの電源が落ちてしまったり、またはOSの重要な更新が自動でなされた時、PCが再起動してしまう場合もあります。このような時ソフトもリセットされてしまうので、自動入札ができなくなります。ですので、自動入札を設定した時は必ずPCの重要な更新はないか、天候はないか、バックアップは機能しているのか確認する必要があるでしょう。

また、こちらのサイトでヤフオクで自動入札をするときに気をつけたいことをチェックするといいと思います。
速読 ソフト